避妊は男女でしよう

コンドームの避妊率よりもピルでの避妊率のほうが高いといわれてます。それらをお互い服用することによってより望まない妊娠をしないように出来るはずです。避妊は両者が気を使うことも大事ですよ。

避妊に関するアンケート

避妊に関するアンケートでは、現状の性教育と求められているものが大きくかけ離れているという事が分かります。一般社団法人である日本家族計画協会によると、避妊の情報として何時頃に知らせるべきかという事を調査した結果、中学卒業までに教えるべきだと考えている人が六割程度いるという調査結果が得られました。現状では中学の間に性教育として避妊方法を教えていない状況であり、現行の教育体制が継続されるのであれば間違いなく家庭での指導が求められますが、そこまで踏み込みにくい問題であるということから中々進んでいないのが実際と言えます。
また、避妊を実際行っているかどうかについての調査では、普段から毎回気をつけて行っているとされている層がわずか三割程度で、毎回ではないが行っている層を含めても六割程度だという事が調査によって分かっています。なお、その中で使用される避妊方法の八割がコンドームによる物ですが、一方で二割弱は膣外射精法を用いるとされています。この膣外射精法は、避妊効果が非常に期待出来ない物で、方法としては選択肢にいれるべきではないものですが、どちらも男性主体的な方法であることから、出来るだけ女性がコンドームの使用などをしっかりと促していく事が求められていると思われます。また、適切な方法を行えているカップルが五割程度しかいないというのも非常に大きな問題だといえるでしょう。
なお現在の人工妊娠中絶件数は二十万弱となっていて、少しずつ減ってきている事が言えます、この結果は避妊方法と緊急避妊薬の使用といった知識についてが徐々に浸透している事が関係していると言えますが、今でも非常に多くの人が苦しんでいるという事からより一層教育に力を入れる必要があると言えます。

■ピル情報が満載のサイト
みんな利用しているピル通販