コンドームの避妊率よりもピルでの避妊率のほうが高いといわれてます。それらをお互い服用することによってより望まない妊娠をしないように出来るはずです。避妊は両者が気を使うことも大事ですよ。

低用量ピルによる避妊~偽薬の役割と開始日について

避妊にはいろいろな方法がありますが、女性が自分でコントロールできる手段に、低用量ピルがあります。低用量ピルは、女性ホルモンが配合された薬で、排卵を抑制する効果があります。また、子宮内膜の増殖が抑えられて受精卵が着床しにくくなり、子宮頸管の粘液を変化させて精子の侵入を防ぐ働きもあります。これら3つの作用で、妊娠を避けることができるのです。低用量ピルは婦人科で処方してもらいますが、避妊目的で低用量ピルを服用する場合には、問診や血圧測定が基本です。
低用量ピルには、全ての錠剤に同じ量のホルモンが配合されている一相性ピルと、ホルモン量を2段階に調整している二相性ピル、3段階に調整している三相性ピルがあります。
どのタイプも避妊効果は同じですが、ホルモン量が段階的に変わるタイプは、飲み間違えると不正出血が起こることもありますので、飲み間違いが心配な場合には一相性ピルを使うとよいでしょう。また、吐き気やだるさなどの副作用がある場合には、飲み続けると慣れてきて症状がなくなりますが、別の種類のピルに変えることで改善されることもあります。
低用量ピルには、1シートに21錠入ったタイプと、偽薬を含めて28錠入ったタイプがあります。21錠タイプは、通常は生理開始日から21日間飲み続けて、7日間の休薬期間をとってから次のシートを飲みます。28錠タイプは、ホルモンが入っていない偽薬を服用している期間が休薬期間になりますので、生理開始日から休まず飲み続けます。飲み忘れが心配な人は、偽薬入りの28錠タイプを利用するとよいでしょう。
低用量ピルは1週間ほどかけて、排卵しないようになっていきますので、服用開始後1週間は、他の避妊方法と併用することをおすすめします。